チームプレゼンテーション
a0022069_1616425.jpg
1/21にFassa Bortolo2005年チームプレゼンテーションが行われた。在籍5年で71勝を上げ、すっかりチームのシンボルとなったPetacchi。

いままでになく体を絞っているが。
「74-75kgぐらいだよ。例年ならGiroの最中にこのぐらいの体重なんだ」

31歳で世界最速の男とのゆるぎない評価を得たが、今後はどのような目標を?
「何年も前からSanremoを目指してきた。今年は、世界選手権と合わせて一番の目標となるだろう。世界選手権で勝つためなら、去年の年間勝利数の半分を犠牲にしてもいい。今年の世界戦は本当に僕に向いているコースだからね」

これらの目標のため、Sanremoの前には2004年に比べて多くのレースに参加する予定だ。また、GiroとVueltaには出場するが、Tourには出ない。
「コーチのDr.Cecchiniと監督のFerrettiと話し合った結果、去年はSanremoの前に出場したレースが少なかったという結論に達したんだ。だから冬の間のレースにもっと出ることにした。シーズン序盤には去年と比べて8-9日レースが多くなる。Donoraticoが初戦で、Ruta del Sol, Puig, Valenciana, Tirreno-Adriatico、そしてSanremoだ。
コースが変更されるかもという噂があるけど、そうならないといいんだけど・・・」


Petacchiといえば、Mario Cipolliniの名前を挙げないわけにはいかない。
Giancarlo Ferrettiの弁。
「Petacchiほど礼儀正しく勤勉な選手はいないのに、ジャーナリストたちは彼の穏やかな態度を過小評価しすぎだ。Cipolliniのような混乱を招く選手の方を持ち上げ気味だ。こういうことは望ましくない」

Ale-Jetはもっと社交的な口調を好むようだ。
「僕たちは全然違うタイプだ。Marioはここ2年間、厳しいシーズンを過ごしたけど、順調に仕上がってきているようだ。彼が強くなって戻ってくるのを待っているよ」

Nino Minoliti/050122 La Gazzetta dello Sport


Fassa Bortolo在籍5年にして、チーム・リーダーとなったAlessandro Petacchi。彼の2005年の目標はMilano-Sanremo, Giro di'Italia, Vuelta a Espanaを経た後の世界選手権だ。Tour de Franceはしぶしぶながら断念した。

「残念ながら、これは戦術的な選択だ。9月末の世界選手権には、その1週間前に終わるVueltaを避けるわけにはいかない。Giro d'Italiaは必須だから、Tourにも参加するのはあまりに負担が大きすぎる。
今年もみんなは僕が相変わらずたくさん勝つのを期待している。2004年の半分も勝てれば願ったりかなったりだけど、クラシックレースで1勝を挙げたい。僕の今季最初の目標である伝統あるMilano-Sanremoで成果を挙げたいものだ。その前に去年以上に脚を作った上でね。噂されているコース変更がないといいんだけどね」


050122 Fassa Bortolo Sito Ufficiale
[PR]
by filippo_i09 | 2005-01-23 00:22 | Commenti(インタビュー)
<< Giro d'Ital... 2005年チームプレゼンテーション >>