世界チャンピオンはBoonen
Madridでの世界選手権(273km)、戦前の予想ではプリント争いになると言われ、優勝候補の筆頭に上げられていたPetacchi。
しかし、レースはアタックに次ぐアタックで、なかなか列車を組むという状態に持っていけなかった。最後までBettiniがアタックつぶしにかかったが、純粋スプリンターたちを擁するイタリア勢やオーストラリア勢は優勝争いに加われず、結局混戦の中、勝ったのはBoonen。

1 Tom Boonen (Belgium) 6:26:10 (42.417 km/h)

35 Alessandro Petacchi (Italy) +0:25


詳細到着順位表はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2005-09-26 00:18 | Risultati(結果)
<< ゴール直後の敗戦の弁 たった1度のチャンスのために >>