いよいよTour de France
いよいよ明日から開幕する第91回Tour de France。
Petacchiは、昨年のTourでの4回のステージ優勝から考えると、今年の目標は最低でも1勝、それも最終ステージのParisのChamps E'lysèesでの勝利ということになろう。
そうすればVueltaでのMadridゴール、GiroでのMilanoゴールと合わせて、3つの首都でのゴールを勝利で飾るということになるからだ。また、イタリア人選手としては1968年のFranco Bitossi(当時はピンクジャージだった)以来、史上2人目のスプリント賞獲得という快挙の可能性も出てくる。
プロローグの地、ベルギーのLiègeでインタビューに答えた。

「去年よりもいい調子でTour開幕を迎えることができそうだ。去年よりも疲れを感じないで最終ステージまで到達し、できればマイヨ・ヴェール(スプリント賞)を争えるといいな。今年はGiroですでにciclaminoを取っているからね。
Giro終了後も休まずに練習したし、特にこの2週間は集中的にトレーニングをしてきた。Giro開幕当初よりも強くなっていると感じているよ。このTourは去年の冬から目標にしていたレースだし、オリンピック出場へ向けても大事なものになるだろうね」


5年のブランクを経て、CipolliniがTourに戻ってくる。
「僕にとっては勝つことが大事なんであって、誰を倒すかは問題じゃない。CipolliniがTourに帰ってくるということは、彼がまだ十分闘えると彼自身で考えたからだろう。彼は恐ろしい敵だと思っている。
『俺の1勝は他のヤツの10勝分に値する』と彼が言ったって?僕のことを言っていたとは思いたくないな。どっちみち、僕は自分の9勝が大事だから、1勝は彼に残しておくよ」


Fassa Bortoloは今回、Velo、Tosatto、Bruseghin、そして特別なジョーカーというメンバーを組んできた。
「Cancellaraはすばらしい才能を持っているよ。今度のメンバーがいつものトレインと違うのは、Aitor Gonzalezという総合順位を狙える選手もいるからだ。誰がチームリーダーなのかということは、最初のスプリントまで待たないとわからないな」

Luigi Perna/040702 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2004-07-02 14:54 | Commenti(インタビュー)
<< 記者会見でのコメント ついに世界ランキング1位に!6... >>