Petacch、リタイア
本人のTourを続けたいという意志に反し、今日は出走しないことが決まった。
一睡もできなかった夜のうちに怪我の状態が悪化してしまい、普通に腕を動かすことができなくなったのだ。
Fassa BortoloのチームドクターのEmilio Magniの声明は以下のとおり。

「Petacchiは左肩の打ち身に悩まされている。レントゲン検査の結果、骨には異常がないことがわかったが、左腕を動かすことができないことから、筋肉及び腱の損傷が疑われるため、超音波診断などの精密検査が必要だ。10日間の完全休養と、消炎鎮痛剤による治療を行う」

040709 Fassa Bortolo Sito Ufficiale
[PR]
by filippo_i09 | 2004-07-09 19:20 | Notizie(ニュース)
<< リタイアを決めた後のPetac... Ale Jet、傷ついた翼 >>