カテゴリ:Commenti(インタビュー)( 319 )
パパは全身緑色!
a0022069_14265161.jpg
「やあ、坊や、パパは全身緑色だよ」

Ale-jet Petacchiの暗い顔が輝いたのは、テレビカメラを通して息子のAlessandroに挨拶を送った時だけだった。Tourの緑色のジャージを着て表彰台を降りたPetacchiの首には、小さなコンヴァースの靴がかかっていた。
「これは息子の靴だよ。彼はここに来られなかったけど、ここ数日、息子のものを何か持っていたかったんだ。このMaillot Vertは彼に贈るよ。きっと"パパは全部緑なんだね"って言うだろうね」

パリでのスプリント勝負では、圧倒的な強さを見せたCavendishに次ぎ2位だったが、42年ぶりの喜びをもたらした。イタリア人選手としてMaillot Vertを獲得したのは1968年のFranco Bitossi以来のことだ。
「Bitossiのことは数年前から知っていたよ。だからすごく名誉なことだ。僕のキャリアのうちで到達したまた新たな記録となったよ」

妻のChiaraはToscanaで留守番をしていた。Petacchiは、GiroのMilanoゴール、VueltaのMadridゴールですでに勝利している。
「もしパリで勝てたらすごく良かっただろうけどね。でも今のCavendishはものすごく強い。Hondoが頑張ってくれたおかげで、最終ステージのスプリント勝負が良い状況になった。僕はHushovdを抜けると思ったから、彼の後ろについたんだ」

中間スプリントポイントの戦いもあったが、ゴールスプリントにすべてを賭けることに決めていた。Hushovdは先行しようとしたが、Petacchiは左側から圧倒的な力で抜け出した。そうこうしているうちに、Cavendishが右側から2人を抜き去った。
232ポイントのCavendish、222ポイントのHushovdをかわし、Petacchiは243ポイントでMaillot Vertを獲得した。
「15年のプロ生活で、また大きな喜びを得たよ。表彰台に上るたびに喜びはひとしおになるね。本当にうれしい感動だよ。2001年では(スプリント賞で)4位だったから、いつかスプリント賞を獲りたいと思っていたんだ。でもTour序盤では、ただ1回でもステージ優勝ができればいいなと思っていた。そうしたら2回勝ちたくなり、そのうちMaillot Vertも目標になってきたんだ」

Luigi Perna/100726 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-26 14:27 | Commenti(インタビュー)
Maillot Vertを獲得して
イタリア人としては1968年のBitossi以来、実に42年ぶりのMaillot Vert獲得者となったPetacchi。2回のステージ優勝、2回の2位、3回の3位で合計243ポイント、2位のCavendishには11ポイント、3位のHushovdには21ポイントの差をつけた。

「ファンタスティックな結果だ。2回のステージ優勝も上げたし、今回のTour de Franceでは、最も楽観的な予想よりも上回る結果となった。Maillot Vertは、絶え間ない努力の結果として正当な賞だよ。僕は常に全力を出したし、チームメイトは完璧なアシストをしてくれた。勝利と順位は後からついてきたんだ。
Tourの序盤では、ポイント賞獲得は僕の目標ではなかったけれど、ステージを重ねるうちに、自分がまだまだ戦えるということがわかってきて、自分を信じて正解だったと今なら言えるよ。
困難な時期にも僕を信じてくれたチームとスポンサーには、当然のことながら、特別の感謝を贈りたい」


Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-26 14:02 | Commenti(インタビュー)
戦いはまだまだ続く
a0022069_1110072.jpg
18ステージでは3位だったが、スプリントポイントは合計213ポイントとなり、Hushovdに10ポイント、Cavendishに16ポイントの差をつけてMaillot Vertを再度奪還したPetacchiのコメント。

「僕は、2つの目的を念頭にこのスプリントに臨んだ。1つは、今現在、最高のコンディションのスプリンター、Cavendishの気をもませること、もう1つは、Maillot Vert奪還のためにHushovdよりも先にゴールすること。Hushovdがチームメイトの後ろで躊躇しているのを見た時、強い向かい風にもかかわらず、ロングスパートをかけることに決めたんだ。Cavendishはすばらしいタイミングで僕を抜き去ったけど、僕はそのままゴールまで駆け抜けようと思った。僕は、気管支炎の初期症状が原因で疲れていて、Tourの最初の数日ほど体調が万全というわけではないけれど、チームメイトのみんなの最高の働きと、ポイント賞獲得という目的に集中しているおかげで、Maillot Vertを再度獲得することができた。まだまだ勝負は決まっていないことはわかっているよ。HushovdとCavendishはあきらめないだろうけど、この目的のためにできる限りのことをするつもりだよ」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-24 11:10 | Commenti(インタビュー)
Maillot Vertを奪還!
a0022069_22344459.jpg
集団スプリントではまたしてもCavendishには及ばず3位だったが、Hushovdより勝ったため、Maillot Vertを奪還したPetacchiのコメント。

「Hushovdとの戦いはすばらしいもので、パリまで続くだろうね。今日もまた、チームメイトたちのサポートのおかげで、Maillot Vertを取り戻すことができた。Hushovdは斥候部隊としても優秀だから、中間スプリントポイントでも気をつけなければいけない。ポイント賞争いはきっときつい戦いになるだろうけど、すべてのロードレースファンをワクワクさせることは間違いないね」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-18 22:33 | Commenti(インタビュー)
Maillot Vertを獲得!
étape 11では惜しくも2位だったが、Maillot Vertを獲得したPetacchiのコメント。

「Cavendishと彼のチームは最高の仕事をやってのけた。だから、僕たちLampre-Farneseは完璧なメカニズムを見せつけることができたけど、今日は彼を負かすのは難しかった。勝てなかったことは残念だけど、Maillot Vertを獲得したのは、チーム全員と分かち合える喜びだよ。できるだけ長い間このジャージを守ることが僕の目的となった」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-16 21:47 | Commenti(インタビュー)
étape 6 終了後のPetacchiのコメント
2日連続Cavendishがステージ優勝し、3位に甘んじたPetacchiだが、総合ポイント賞ではHusvoftに4ポイント差に迫った。

「チームはとてもよく働いてくれた。僕たちはコンパクトにまとまり、ゴール前1kmも続く長い直線と曲がりくねったカーブのコースで、僕を正しいポジションにつかせるために、すべてのチームメイトたちは力を出してくれた。他のチームも良い動きをしたから、すごい戦いになった。僕は長いスプリントをしたかったんだけど、スペースを見つけることができなかったから、最後の100mで盛り返し、3位となった」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-10 23:41 | Commenti(インタビュー)
étape 5 の敗戦の弁
気温35℃という灼熱のレースの中、スプリント勝負に敗れて8位だったPetacchiのコメント。

「すべてがうまくいって勝つ日もあれば、完璧にはなれなくて勝てない日もある。今日はレースの間、昨日ほどのファンタスティックな感覚は感じられなかった。最終カーブで飛び出す時にちょっと疲れを感じたし、ゴール前300mでは、まさにスプリントを始めようとしたちょうどその時に、進路の左側が塞がっていることがわかり、3勝目は上げられなかった。勝利のために落車の危険を冒したなら、あるいは、だけど、前にも言ったように、いつもすべてがうまくいくというわけではないんだよ」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-09 15:28 | Commenti(インタビュー)
今期Tourで2勝目を上げて
a0022069_1342439.jpg
「今日のスプリントは完璧だった。何が完璧だったかと言うと僕の脚だ。実際のところ、昨日のパヴェでの努力が今日の大きな力に役立った。CavendishやHushovdなどのライバルたちがこんなスプリントをするのを待っていたくなかった。Hondoのファンタスティックな働きのおかげで、ゴール前300mで飛び出して、軽い上り基調の道の左側に位置取りすることができた。
勝利は僕の努力と、今日本当に信頼できる勇敢な働きを多大にしたチームのおかげだ。
今日は落車がなかったけど、やっぱり僕が勝った。今日の勝利もまた、すべてのチームスポンサーに捧げる。彼らは初勝利の後も情熱を持つように勇気づけてくれた。それから、今日誕生日を迎える僕の母に」


Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-08 13:43 | Commenti(インタビュー)
勝つことが僕の仕事
a0022069_1904428.jpg
Lance ArmstrongやMark Cavendishのような人気スター選手の世界では、彼は古典的な一般人のように見える。公の場ではいつもちょっと不機嫌そうで、暗くて憂鬱そうな顔つき。しかしAlessandro PetacchiはAle-jetとして、10年にも及ぶスプリントと勝利の歴史を背負っている。"いまだにハイレベルである"という確信と、他の選手の顔つきなど気にしない考えとともに、6年ぶりにTourに戻ってきた。
「なぜなら僕の仕事は自転車に乗ることではなくて、勝つことだからなんだ。そして僕は勝つためにTourにやって来た。Saronniはそのために僕を連れてきて、不運だったGiroの後に1ステージでも勝つことを期待していたんだ」

Petacchi、ミッション・コンプリートですね。
「素晴らしいスプリントができた。CavendishとFreireが落車したと教えられたけど、他にも倒すべき選手がたくさんいた。ここはTourで、Boonen以外のスプリンターが全員勢ぞろいしている。僕はあまりに早くから飛び出すという危険を冒した。風は向かい風で、道路は軽い上り基調だったから、失敗するかもと思った。でも、ライバルたちよりも先行する方がいいと考えたんだ」

スプリントでは何が起こったのですか?
「最後の1kmはまるで永遠に続くかのようだった。いつものような超高速のスプリントではなかった。Farrarとちょっと接触してしまって、チームメイトのHondoの後ろについていけなくなってしまった。それでHushovdにくっついて、後方から飛び出して、みんなをちょっと驚かせたんだ。追い越すことは厳しいとわかっていたけど、相当な脚力が必要だった」

36歳で予想外の勝利と言えるでしょうか?
「予想外ではなかったよ。僕はまだまだ戦えるってことを見せたんだ。Tour de Suissでは、ゴール前30mで落車が起こるという奇妙な展開になって1回ステージ優勝をしたけど、とにかく、僕は勝ったんだ。ここTourではスプリンターが勢ぞろいしていて、また別のスプリント勝負となるだろうから、様子を見よう。でも今日落車したCavendishや他の選手がいたら、僕が勝てたかどうかはわからないね」

4回のステージ優勝を果たした2003年と比べて、全体的状況はどれだけ変わっていますか?
「7年が過ぎて、勝つのはずっと難しくなった。チームはより組織的になり、みんながCipolliniや僕自身がやってきたことを真似するようになった。かつてのような勝利数を繰り返すのは簡単ではないだろうね。でもこの勝利は、なんて言ったかな、"僕の年齢では"、LampreのGalbuseraの信頼に応えて、まだ将来に希望が持てるようになったよ」

誰にこの勝利を捧げますか?
「息子(Alessandro junior)に。今朝、出走する前に電話で話したんだけど、僕に"がんばってね、パパ"って言ってくれたんだ。2歳なんだけど、そんな言葉をしゃべるのを聞いたのは初めてだったよ。とってもうれしくて、レースの間、長いこと息子のことを考えていたんだ」

レースの前は緊張しましたか?
「このレースではいつもとても緊張するよ。誰もブレーキをかけないのは、落車を見ればわかるよね。僕も緊張したよ。2004年以来のTour出場だったし、その時は落車でリタイアしたからね。もう忘れたと思ってたんだけどね。でもその時のことを思い出しちゃったよ。またTourに戻ってきてうれしいよ」

この勝利はGiroの不運を振り払いましたか?
「Giroの時に病気になって勝てなかったのは残念だよ。Giroは僕のキャリアを変えてくれたレースだからね。Tourでのこの勝利が埋め合わせになったよ。僕たちはスプリント勝負のためにとてもよく組織されたチームとして出場し、チームメイトたちは最高だ。勝利に値するチームだよ」

Tour開始前に、4月にPadova検察庁が行った(良くない結果が出た)強制捜査についても、PetacchiはGazzettaに対して答えている。
「気持ちは落ち着いているよ。新しいニュースは聞いていない。何もないと期待しているし信じている」

Luigi Perna/100705 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-05 19:04 | Commenti(インタビュー)
7年ぶりのTour勝利
a0022069_147286.jpg
終盤相次ぐ落車でカオス状態になった第1ステージ。上り基調の長い直線を、向かい風の中駆け抜けたのはPetacchiだった。

「僕はTourに戻ってきてすぐに勝った。これ以上何も要求できないよ。何よりもまず、チームメイトに感謝しなければいけない。彼らが最高の働きをしてくれたおかげで、集団の先頭の位置に残って相次ぐ落車を避けることができた。昨日のプロローグで最高の感触をつかんでいたから、調子が良いのはわかっていた。だから、向かい風に押し戻される危険を冒しながらも、長い距離からスプリントに入ることに決めたんだ。でも向かい風の悪影響は受けることなく、勝利を祝うことができた。僕のことをまだ信じてくれていたチームのスポンサーに勝利を捧げたい。」

Lampreオフィシャルサイトより
[PR]
by filippo_i09 | 2010-07-05 14:07 | Commenti(インタビュー)