<   2004年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Eneco Tourでの落車、そしてVueltaへ
a0022069_1632166.jpg

Eneco Tour 第5ステージでのPetacchiの落車は、Fassa Bortoloチーム全体にとってかなりの衝撃を与えた。
前日の第3ステージで、Giro d'Italia最終ステージ以来、約3ヶ月ぶりの勝利を成し遂げたばかりだったのだが、この落車は、7/8のTour de Franceの第5ステージでの落車・左肩強打・リタイアを彷彿とさせるものだったからだ。
「僕は右肩と顎を打った。肩はまだちょっと痛いけど、どうってことない。顎の方は2つの脊椎に影響を与えたけど、理学療法士が治してくれた。全然たいしたことないよ。第3ステージで勝った後、Vueltaをにらんでやる気は満々だよ。落車による悪影響は受けていない」

Petacchiの信用が篤く、移動中のホテルでもいつも同室のMarco Veloが今季17回目の勝利について語る。
「Alessandroはリスクを冒したくなかったんだけど、ゴールを見すえてスプリントをやる気になった。Petitoが僕たちをゴール前800mのところまで引っ張ってくれた。僕は250m地点まで、Trentiもほとんど同時に引き、最後にPetacchiが飛び出した。
おそらく、技術的には完璧なゴールスプリントというわけじゃなかっただろうけど、大事なのはAleが勝利を取り戻したということだよ。
僕たちは今季は2つの目標をかかげてコンディション調整などの準備をしてきた。SanremoとGiro、そしてTour。今や3つ目の目標となったVueltaはとてもきついだろうね」


プロ選手たちの中でも今季最多の17勝をあげている30歳のPetacchiは続ける。
「体調はかなりいいよ。雨はいつでも危険性が増すけど、第3ステージのゴールまでのコースはなかなか気に入っていた。僕はチームメイトたちのおかげですばらしい飛び出しができたんだよ。VeloとTrentiは、僕同様ケガに見舞われたけど、すばらしいプロフェッショナルだということを証明した。すばらしいお膳立てをしてくれたね。自分がこんなに早く強さを取り戻せるとは思ってもいなかったよ。
ここ数日間、Vueltaをにらんで2人と話をした。僕たちのチームはすごく結束力が強いから、2人にあきらめないで、僕と一緒にスペインに来てほしいと頼んだんだ。彼らはすぐに承知してくれたよ」


去年のVueltaでは5ステージも勝利している。Eneco TourではFrancesco Chicchiも第1ステージで2位になっており、彼もPetacchiのようなプリンターであることを証明したが、残念ながら第2ステージでは落車してリタイアとなってしまった。
「Francescoはすごく才能があるし、僕たちと一緒に練習を重ねてことによってその才能を実証している。彼は昨シーズンと比較して、純粋なスプリンターになってきたね。うまくいっていたのに、まずいときにまずいポジションにいてしまったね」

Aleがリタイアせざるを得なくなった落車について別の意見を持っているのは監督のGiancalro Ferrettiだ。
「好ましくないアクシデントだ。いい気分にはならないものだよ。リタイアはできるだけ避けたいと用心していたんだが。TourでリタイアしたこととVueltaへの準備としては、もうあと1日実戦を積んだ方がよかったんだが」

オランダから帰国後、昨日Petacchiは元チームメイトZanette追悼のレースに出た。Ferrettiによると、この機会にこの追悼レースに出るようにという手紙をチーム全員に送ったそうだ。しかし、監督の心はすでにスペインに向いている。
「Vueltaでは、チームはPetacchiのために働くだろう。彼はとても、本当にとても、とても真剣にレースの準備をするんだ。Frigoはイタリア国内のレースに参加する方を選んだので、スペインには行かない。DarioはCoppa Agostoniでがんばり、Zurigoの主役となった。彼はステージレースでは結果を残せていないから、ワンデーレースに出る方を選んだ。これから何かに勝てるといいんだが。彼の代わりにAitor Gonzalezが出るが、まだ確定ではない。
そしてCioni,Bruseghin,Gustov,Ongarato,Sacchi,Trenti,Veloがメンバーだ」


Vueltaは、Petacchiにとっては、2003年に最後の数メートルでZabelに敗れたParis-Tourへ向けての準備ともなる。
「今までのところ僕はステージレースにしか勝っていなくて、ワンデーレースには勝てていない。僕のような選手にとっては、あまり理想的なコースレイアウトのレースがたくさんあるわけじゃないんだよね。だからすごく勝ちたい気持ちはあるんだ」

Tourで鎖骨を骨折したMarco VeloがVueltaに関して最後につけくわえた。
「僕は最後までVueltaに出られるかどうかわからなかった。みんなに僕のコンディションを納得してもらいたかったからね。
10月の世界選手権でのMaglia Azzurraを狙っているから、もっと成長したい。自分のなすべきことはよくわかっているし、Veronaでもきっとイタリアチームのために役に立てると思ってるんだ」


Claudio Ghisalberti/040830 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-30 16:31 | Commenti(インタビュー)
第59回Vuelta a España出場選手リスト発表
Vuelta a Españaの各チームの出場選手のリストが発表された。
Fassa Bortoloの選手のリストは以下の通り。

71 Dario FRIGO
72 Alessandro PETACCHI
73 Dario David CIONI
74 Massimo CODOL
75 Tom DANIELSON
76 Volodymir GUSTOV
77 Alberto ONGARATO
78 Fabio SACCHI
79 Marco VELO

その他チームの全出場予定選手リストはこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-28 22:02 | Notizie(ニュース)
Petacchi、落車によりリタイア
8/27ENECO Ronde van Nederlandの第5ステージDüsseldorf - Sittard-Geleen(221.9km)のレースの半ばで落車、右肩を強打し、リタイア。
その後の詳しい検査の結果、骨折などの重いケガはないことは確認された。
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-28 01:48 | Notizie(ニュース)
8/26 ENECO Ronde van Nederland第4ステージの結果
Eneco Tourの3日目8/26は、通常のロードレースとITTを1日でこなす日程。
ITTGoch - Goch(22,2km)の結果は以下の通り。

1 Viatcheslav Ekimov (Rus) USP 26.03 (51.13 km/h)

49 Alessandro Petacchi (Ita) FAS +02.11

詳細順位表はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-27 07:22 | Risultati(結果)
約3ヶ月ぶりのレースの勝利
今季17回目の勝利となったEneco Tourの第3ステージを終えてのPetacchiのコメント。

「長い間レースから離れていたから、まだトップコンディションというわけじゃない。でもVuelta a Españaに最高の状態で参加するためには、正しくペダルを漕ぐ感覚は戻ってきたよ。普段以上のやる気でレースに向かっていきたい」
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-27 00:15 | Commenti(インタビュー)
復活の勝利!
ENECO Ronde van Nederland第3ステージKleve - Goch(86.2km)では、ゴールスプリントを制してPetacchiが勝利。
Tour de Franceでの落車以来、約1ヵ月半のブランクからの復活を、今季17勝目でアピールした。

1 Alessandro Petacchi (Ita) FAS 1.58.53

詳細順位表はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-27 00:04 | Albo d'Oro(優勝記録)
8/25 ENECO Ronde van Nederland第2ステージの結果
第2ステージBolsward - Nijverdal(182.5km)では、第1ステージに続きVan Heeswijkが大集団スプリントを制した。
Petacchiも最終スプリントに参加、5位でゴールしている。

1 Max van Heeswijk (Ned) USP 4.11.36

5 Alessandro Petacchi (Ita) FAS +00.00

詳細順位表はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-26 11:25 | Risultati(結果)
8/24 ENECO Ronde van Nederland第1ステージの結果
Petacchiをはじめ、ケガでしばらく戦列を離れていたVelo、Trentiの復帰第1戦となったEneco Tourの第1ステージOudenbosch - Hoorn(200.3km)。
雨天のスリッピーな路面という条件だったため、リスクを避けてPetacchiを最終スプリントには送り出さないというチーム方針により、フリーになった若手のFrancesco Chicchiががんばったが、Van Heeswijkに一歩及ばす。
Fassaの他の選手たちもコンディションは上々で、ほとんどタイム差なしでゴール。
主な結果は以下の通り。

1. Max van Heeswijk (Ned) USP 4.34.50
2. Francesco Chicchi (Ita) FAS
3. Aurélien Clerc (Swi) QSD

19. Guido Trenti (USA)

42. Alessandro Petacchi (ITA) FAS +00.00

76. Marco Velo (ITA) FAS

詳細順位表はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-25 16:11 | Risultati(結果)
8/22 UCIランキング(上位20人まで抜粋)
左から、( )内は前回8/15のランキング、姓名、チーム名、国籍、年齢、ポイントの順。

1(1) BETTINI Paolo QSD ITA 30 2347.00
2(2) ZABEL Erik TMO GER 34 2327.00
3(3) VALVERDE BELMONTE Alejandro KEL ESP 24 2074.00
4(4) REBELLIN Davide GST ITA 33 1984.00
5(5) PETACCHI Alessandro FAS ITA 30 1803.00
6(7) CUNEGO Damiano SAE ITA 23 1742.00
7(6) ARMSTRONG Lance USP USA 33 1726.00
8(8) MARTIN PERDIGUERO Miguel Angel SDV ESP 32 1591.00
9(9) VOIGT Jens CSC GER 33 1486.00
10(10) BOONEN Tom QSD BEL 24 1482.00
11(11) MCEWEN Robbie LOT AUS 32 1450.00
12(15) FREIRE GOMEZ Oscar RAB ESP 28 1305.00
13(13) O'GRADY Stuart COF AUS 31 1302.50
14(14) BOOGERD Michael RAB NED 32 1170.00
15(16) ULLRICH Jan TMO GER 31 1165.00
16(12) DI LUCA Danilo SAE ITA 28 1164.00
17(16) BASSO Ivan CSC ITA 27 1146.00
18(18) HUSHOVD Thor C.A NOR 26 1181.50
19(19) MANCEBO PEREZ Francisco IBB ESP 28 1094.00
20(20) NOZAL VEGA Isidro LST ESP 27 1090.50
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-24 19:27 | UCI Classifica
世界選手権は不出場
9/27~10/3にVeronaで開催予定の世界選手権。自国開催とあって、多くのイタリア人選手たちが代表選出を熱望している。
しかし、Eneco Tourでの復帰が正式に決定したPetacchiは、残念ながら不出場を表明している。

「僕にとってこのコースはきつすぎる」
[PR]
by filippo_i09 | 2004-08-20 14:07 | Notizie(ニュース)