<   2006年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧
5a etapa 終了後の総合成績各賞
Maillot Oro (総合首位): Danilo Di Luca ITA LIQ 18:37:56

Puntos (スプリントポイント賞): HUSHOVD, Thor NOR C.A 68

Montaña (山岳賞): Danilo Di Luca ITA LIQ 30

Combinada (コンビナダ賞): Danilo Di Luca ITA LIQ 11
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-30 22:47 | Risultati(結果)
Vuelta a España 5a etapa の結果
5a etapa Plasencia - Estación de Esquí La Covatilla (Béjar), 178 Kms は、今回のVuleta初の上りゴールのステージ。
最後はBrajkovicとの一騎打ちとなった超級の上りを制したのはDi Luca。Vueltaでは2002年以来2勝目。
Petacchiは27分遅れの最大集団でゴール。

1 Danilo Di Luca ITA LIQ 5:02:25

164 PETACCHI, Alessandro ITA MRM +27:59

詳細到着順位はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-30 22:45 | Risultati(結果)
グラン・ツール41勝目前だが
チームメイトのErik Zabelの勝利の一方、Alessandro Petacchiはまた辛い1日を過ごした。 Vuelta a Españaで17勝、Giro d'Italiaで19勝、Tour de Franceで4勝しているPetacchiだが、昨日も酷暑に苦しめられ、スプリントに参加できなかったのだ。
このグラン・ツールでの勝利数はEddy Merckx (66), Mario Cipollini (57) , Bernard Hinault (41)に次ぐもので、あと1勝で史上3位に並ぶことになる。
しかし、Petacchiは今回のVueltaについての展望をあまり明確にしていない。
「すでにここに参加しているということだけで満足している。今のところ先のことは何もはっきりとは決めていない」

5/8、ベルギーでのGiro第2ステージで左膝蓋骨を落車で骨折し、なんとかゴールしたものの、そのことがかえってケガを悪化させてしまった。2日後イタリアで手術、25日間はベッドに寝たきりで、その後ほぼ1ヵ月に渡りリハビリ生活を余儀なくされた。しかし、彼の左脚はまだ完全には筋肉量を回復していない。
「今回のVueltaを完走したい。自分が自転車選手であるということを再び自覚できることが大事だ。でも今のところはスプリントに参加する予定はない。まだ力が元に戻っていないと感じているからね。
9/11の月曜日は最初の休養日だから、その時に、このVueltaで自分に残されている可能性がどれぐらいなのか、じっくり総括してみるつもりだ」


Chema Bermejo/060830 as.com
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-30 14:46 | Commenti(インタビュー)
36歳のZabel、久々の勝利
a0022069_22525790.jpg
2位が9回、3位に至っては14回、と、もうすでにスプリントで優勝する力は残っていないかに見えたZabelの久々の勝利。
Milramの選手たちはもちろん、かつて所属したT-Mobileの選手や関係者たちにも祝福されたZabelは喜色満面だった。

この勝利に自身もザルツブルグでの世界選手権出場への意欲を示すとともに、チームメイトのPetacchiについては以下のようにコメントしている。
「この勝利はチームにとっても大きな意味がある。Petacchiも私のために働いてくれたし、Veloはスプリンターのアシストとしては世界一だ」

もしPetacchiが世界選手権に出場するとしたら、どのような役割を果たすのだろうか?
「Di LucaとBettiniにとっては今度の世界選手権のコースは最適だろう。イタリアには他にも素晴らしい選手たちがたくさんいるが、Alessandroはカンピオーネだ。ここ数年の結果がはっきりと物語っている。調子さえ良ければ、誰も彼を負かすことはできない」
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-30 13:53 | Commenti(インタビュー)
4a etapa 終了後の総合成績各賞
Maillot Oro (総合首位): HUSHOVD, Thor NOR C.A 13:34:59

Puntos (スプリントポイント賞): HUSHOVD, Thor NOR C.A 68

Montaña (山岳賞): DE SARRAGA, Mario ESP REG 18

Combinada (コンビナダ賞): DE LA FUENTE, David ESP SDV 30
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-29 23:56 | Risultati(結果)
Vuelta a España 4a etapa の結果
a0022069_2255533.jpg
4a etapa Almendralejo - Cáceres, 135 Kms も平坦コース。ゴール前は上り基調でコーナーの多いテクニカルなコースだったが、制したのはVuelta、Gran Tourで3年目、勝利自体も久々のZabel。これでプロ入り通算199勝。
Petacchiは集団ゴールでタイム差なしの35位。

1 ZABEL, Erik GER MRM 3:24:46

35 PETACCHI, Alessandro ITA MRM +0:00

詳細到着順位はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-29 23:54 | Risultati(結果)
Bettini-Petacchi すわ、一触即発?
Francisco Ventosoのステージ優勝、Thor HushovdのMaglia Oroという結果になった3a etapaだが、2人のイタリア人の間には、次第に近づいてくる世界選手権をめぐって、ちょっとした緊張感がみなぎる1日となった。
土曜日のMalagaでのAlessandro Petacchiの慎み深い発言がそもそもの発端だ。
そして日曜日にCordobaで、スプリント勝負を制したPaolo BettiniがAle-Jetの発言について微笑みながら言及したのだった。

Bettiniは記者会見ではっきりと述べた。
「僕がイタリアチームのエースとなるだろう。僕の横には、ケガに備えて控えがいなければいけない。そうじゃないと2004年Velona大会のことのようになりかねないから危険だよ」

昨日の朝の出走前に、PetacchiはBettiniの言葉に怒りを隠せなかった。
「これは敬意の問題だ」

これに対し、Bettiniは
「この件に関しては、もうこれ以上は話さない。あれはちょっとした言葉の綾にすぎない。」

しかし、Petacchiは最終的には論争を終結した。
「僕の立候補はただのアイディアにすぎなかった。もし自分の実力を見せることができたら、たとえ僕がいることによってBalleriniのチーム構想を壊すことになるとしても、彼は僕を代表候補に入れてくれるといいな、と思っただけだ。
今日のレースの間は、僕とBettiniは言葉を交わさなかった。言葉の綾だったとしても、もちろん、彼の一言は僕にとってうれしいものじゃなかったね。とにかく、去年(世界選手権敗退後)Bettiniが僕に対して言ったことに対するお返しをしたいものだよ」


そして、夜になってBettiniはAlessandroに電話をした。
「お互いの誤解は解けたよ。もっとも僕たちの間には何もなかったんだけど、とにかく僕が違う意味で言ったフレーズに対して彼が怒ったのだったら、申し訳ないと思う。彼を怒らせようと思ったわけでは決してないよ。
Petacchiはすばらしい選手だし、常にさらに大きな目標を目指すのは当然だ。もし彼が世界選手権を視野に入れているのなら、このような発言をするのは当たり前のことだ。僕たちの間で起こったことは、これでおしまいだよ」


Claudio Ghisalberti/060829 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-29 16:35 | Commenti(インタビュー)
3a etapa 終了後の総合成績各賞
Maillot Oro (総合首位): HUSHOVD, Thor NOR C.A 10:10:33

Puntos (スプリントポイント賞): HUSHOVD, Thor NOR C.A 44

Montaña (山岳賞): DE SARRAGA, Mario ESP REG 18

Combinada (コンビナダ賞): DE LA FUENTE, David ESP SDV 26

[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-28 23:28 | Risultati(結果)
Vuelta a España 3a etapa の結果
3a etapa Córdoba - Almendralejo, 219 Kms は今回のVuelta最長のコースで、2a etapaに続く平坦コース。
ゴール前数km地点まで2人が逃げたが、最後の混戦スプリントを制したのはVentoso。
Petacchiはタイム差なしの集団ゴールで141位。

1 VENTOSO, Francisco José ESP SDV 5:43:45

141 PETACCHI, Alessandro ITA MRM +0:00

詳細到着順位はこちら
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-28 23:27 | Risultati(結果)
Bettini、Petacchiへ一言
1a etapaのチームタイムトライアルの後、世界選手権のメンバーに立候補したPetacchiの発言を受けて、2a etapaをスプリントで制したBettiniが微笑みながら一言。

「Petacchi?Giro di Lombardiaの準備をした方がいいんじゃない?」
[PR]
by filippo_i09 | 2006-08-28 16:24 | Commenti(インタビュー)