<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
いまだ回復せず
ここ数日感でもAlessandro Petacchiの体調は回復していない。
Petacchiはトルコツアーの最終日から重い気管支炎を訴えており、1週間以上前から抗生物質による治療を受けている。
Giro前にAlessandro Jrの父となる予定のPetacchiは、昨日Pisaで専門医による検査を再び受けた。断続的に練習はしているが、今現在のところGiroの参加は不確定な状態。
とはいえ、Parelmoに出発するまでにはあと10日の猶予はある。
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-30 14:00 | Notizie(ニュース)
TAS評決、また延期
Salbutamoloの件に関するTASの評決は再度延期され、今のところ5/5に出される見込み。
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-28 10:57 | Notizie(ニュース)
治療法を変更
昨日Pisaの病院で行なわれた検査の結果、Alessandro Petacchiは、肺に合併症はおこしていないことがわかった。
しかし重い気管支炎が完治せず、長期間に渡って練習ができない状態が続いている。
チームドクターのSprengerのコメント。
「経口の抗生物質から、注射による治療へと変更しなければならないだろう」

Giro d'Italiaへの参加の可否は、1週間以内に決定される見込み。
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-27 14:31 | Notizie(ニュース)
Petacchi、体調不良回復せず
Alessandro Petacchiの体調不良は回復していない。
Milramのチーム・ドクターClaudio Sprengerのコメント。
「Petacchiは気管支炎を患っており、3、4日前からはじめた抗生物質での治療は思ったような効果が出ていない。いまだに呼吸するのが困難な状態だ」

今週始めにトルコツアーから帰国したPetacchiは、今日4/26にPisaのSan Rossore病院で胸部レントゲン撮影をして肺の検査を行なう。
現時点ではPeatcchiは5/1のGP Frankfurtに参加する予定だが、これが5/10にPalermoからスタートするGiro d'Italia前の最後の調整レースとなるはずだ。
しかし、TASにおけるSalbutamoloの件の評決をまだ待っている状態でもあり、Giroをリタイアしなければならない可能性もいまだなきにしもあらずである。

再びSprengerのコメント。
「明日から始める治療によっては、今後の予定も変わってくる可能性がある。しかし、回復の時間はある。明日の検査の結果を待ちたい」

Ciro Scognamiglio/080426 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-26 22:48 | Notizie(ニュース)
Presidential Cycling Tour Stage 6 の結果
4/20 Stage 6 Antalya - Alanya, 136.6km はAriel Maximiliano Richeze(Arg)の勝利。
Petacchiは気管支炎で調子が悪く、レース中から最終スプリントには参加しないと決め、タイム差なしの集団ゴールで80位。
なお、Petacchiは抗生物質による治療を行なうため、今後数日間、休息を取る模様。

1 Ariel Maximiliano Richeze (Arg) CSF Group Navigare 3.56.44 (42.9km/h)
80 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram +0.00

最終総合成績
1 David Garcia Dapena (Spa) Karpin Galicia 25.40.41
29 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram +22.07

ポイント賞
1 Assan Bazayev (Kaz) Astana 49 pts
4 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram 38 pts

レース詳細cyclingnews.com
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-21 18:01 | Risultati(結果)
Petacchi il Grande!
a0022069_1322425.jpg
Alessandro il Grande(アレキサンダー大王)が再び勝利した。B.C.333年にペルシャに勝ったように。しかし、兜の代わりに自転車競技用のヘルメットをかぶって。ステージは無敵のアレキサンダー大王が冬季の野営をしたPhaselisを通過した。その地はAlessandro Petacchiにインスピレーションを与え、彼は煌くスプリントで勝利した。
トレインから離陸したのではなかった。彼はたった一人で浮上し、戦った。恐るべきRichezeと海賊の大群を鎮圧した。そしてSanremoの後遺症である気管支炎に咳き込みながらもうれしそうに語った。
「調子は戻りつつある。でも呼吸するのはとても大変だ。まだ苦しい」

しかし誇らしげに言う。
「アレキサンダー大王が勝った土地で勝つのは本当にいい気分だね!」

そしてユーモアを交えながら強調した。
「でも僕は自転車に乗っている。馬や象に乗っているわけじゃないんだ。だから彼よりもずっと疲れたよ」

苦しみながらも、Petacchiは12年前の初勝利から数えて150勝目を上げたのだった。

プロになってからの初勝利は?
「12年前、マレーシアのMersing、Sandokanの土地だった。4人で逃げた。あまり疲れを感じなかったよ」

最初の圧倒的な勝利は?
「僕は12歳、4回目のレースだった。僕よりも強い選手2人が参加していなくて、PietrasantaのVia di Mezzoで勝った。その年唯一の勝利だったよ」

それから?
「次の年、僕よりも強い選手2人を負かした。僕は自分のクラブUs Luniの記録更新をはじめた。それまでは4連勝をした選手がいたんだけど、僕は5連勝したんだ。シーズン勝利記録は11だったんだけど、僕は13勝した。
あの時はよかったよ。僕はLuniの近くに住んでいて、毎日発掘現場の前を通っていたんだ・・・(訳注:LuniはLiguria州La Spezia県の地域。古代エトルリア人やギリシャ人との交易港で、古代ローマ時代には植民地として反映して以来、非常に長い歴史を持つ土地)。僕は古い歴史を持った美しい土地トルコの真価がわかるよ」


代表的な勝利は?
「2005年のSanremo。完璧な1日、完璧なスプリントだった。ゴール前250mまで集団の中に沈んでいて負ける危険性があったけど、今までで一番の勝利だった」

最初の大きな勝利は?
「2003年のGiroのLecce。第1ステージだった。世界チャンピオンジャージとMaglia Rosaを着ていたCipolliniを破った。計り知れない喜びだった」

はかなく消えた勝利は?
「最初のSanremo。勝てる自信があったのに、4位に終わってしまった。そしてZabelに負けたParis-Tours。Zabelには直前のVueltaで5回も勝っていたのに、彼の実力を低く見積もり過ぎたんだ。多くを学んだいい経験だった」

そして2007年のParis-Toursは?
「思いがけない勝利だった。Zabelは僕を非常にいい形で発射してくれ、僕に勝利を与えてくれた。彼はかつては僕にとっての最大のライバルだった。どこでも彼がライバルとして立ちはだかった。彼はマエストロだ」

他のスプリンターについては?
「Cipolliniは、僕が駆け出しの頃の神さまだった。初めて彼に勝ったのは、2002年のGiro del MediterraneoのMarseilleだった。McEwenはとても僕を苦しめる。いつでも最良のタイミングでに最良の場所に位置取りしている。今はBennatiもいる」

あなたは自分自身をどんなスプリンターだと思っていますか?
「平坦コースに強いオールラウンダータイプのスプリンターで、単なるスプリンターではない。McEwenタイプというよりも、CipolliniやBoonen、Hushovd、Bennati、Zabelのようなタイプだと思う」

この勝利を誰に捧げますか?
「3番目のAlessandro、もうすぐ生まれてくる僕の息子に。彼は未来の象徴だよ」

Claudio Gregori/080420 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-20 12:19 | Commenti(インタビュー)
プロ入り通算150勝達成!
a0022069_12161924.jpg
4/18 Presidential Cycling Tour Stage 6 Finike - Antalya, 115.8km はPetacchiの勝利。今季8勝目、プロ入り通算150勝目を達成した。

1 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram 2.43.35 (41.95 km/h)

レース詳細cyclingnews.com

Petacchiのこれまでの全勝利のデータ
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-20 12:11 | Albo d'Oro(優勝記録)
イタリア人5連勝中
今回トルコで行なわれているPresidential Cycling Tourでは、第1ステージのPetacchi、第2ステージのLorenzetto、第3ステージのPriamo、第4ステージのSavini、第5ステージは再びPriamo、と、すべてのステージでイタリア人選手たちが勝っている。
アレキサンダー大王やMarco Poloの縁の地は、ミナレットとモスクから響く祈りの声に溢れたエキゾチックなところ。青い海、オレンジ畑、ツバメの飛び交う青い空、白い家、羊や山羊を追う素朴な人々。
だが、トルコ人の男性はトルコ帽を被らなくなり、女性はヴェールを脱いだ。安息日はイスラム教の教えによる金曜日から日曜日へと変わった。
EUへの加盟を目指すトルコは、スポーツの世界でもヨーロッパへ向けて門戸が開かれてきた。サッカー選手、バスケット選手やレスリング選手だけでなく、F1やモトGPなども開催され、今度は自転車競技も大きなベクトルとなっている。
Petacchiのコメント。

「コースは動きがあってなかなか良い。気温も理想的だし、大会運営もうまくいっている。ただリズムが遅くなる道の先の方だけが嫌だな。でもこのレースはGiroに向けての練習には理想的だよ」

Claudio Gregori/080419 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-19 18:31 | Commenti(インタビュー)
Presidential Cycling Tour Stage 5 の結果
4/18 Stage 5 Kalkan - Finike, 100.1km は、Matteo Priamo(Ita)の勝利。Petacchiは1分遅れの集団ゴールで8位。

1 Matteo Priamo (Ita) CSF Group Navigare 2.33.13 (40.52 km/h)
8 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram +1.11

レース詳細
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-19 17:42 | Notizie(ニュース)
Presidential Cycling Tour Stage 4 の結果
4/17 Stage 4 Marmaris - Ölüdeniz (Blue Lagoon), 177.7km は、Filippo Savini(Ita)の勝利。Petacchiは2分遅れの40位で集団ゴール。

1 Filippo Savini (Ita) CSF Group Navigare 4.40.24 (38.12 km/h)
40 Alessandro Petacchi (Ita) Team Milram +2.13

レース詳細cyclingnews.com
[PR]
by filippo_i09 | 2008-04-18 19:26 | Risultati(結果)