<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シーズン終了
10/16第94回Giro del PiemonteはBennatiの勝利。12分遅れのPetacchiは139位で、ゴール前のスプリンター直接対決はならなかった。これでPetacchiの苦悩に満ちた今シーズンは終了となる。

1 Daniele Bennati (Ita) Liquigas 4.57.15 (40.168 km/h)
139 Alessandro Petacchi (Ita) LPR Brakes-Ballan +12.41

レース詳細cyclingnews.com
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-18 16:59 | Risultati(結果)
今季最終レース
Petacchiは今日10/16のGiro del Piemonteが今季の最終レースとなる。このレースでは、Daniele Bennatiとの今季初対決となる予定。

5ヶ月のストップの後、5勝を上げたのに、Alessandro Petacchiの機嫌は最高というわけではない。
「とても疲れている。ここ数日、あまりよく眠れず、練習もあまりできなかった。やる気がどうも起きないんだ。Paris-Toursへの出場が取り消されて以来、なんとなく集中できない。今は本当に疲れているんだ」

Bennatiとの直接対決にもそれほど燃えていないようだ。
「直接対決と言ったって何も変わったことはない。僕にとってレース展開がどうなるかは興味がない。このレースに勝っても負けても僕の人生が変わるわけじゃないし。今までもスプリント勝負では負けるよりもはるかに多く勝ってきた。僕とBennatiはすでに代わりばんこに負けているし、1勝多いか少ないかでは僕たちのエピソードは変わらない。
最後にはどうなるかはもう僕にはわかっているんだ。僕が勝てばそれでOK。でも僕が負ければ、君たちジャーナリストは冬の間中、僕にまとわりつくんだろう?」


しかし、結論はもう少し楽観的だ。
「今シーズンは始めから終わりまでひどい目に遭った。でも11月上旬からは2009年のことを考え始めるよ。このチームが気に入っているんだ。彼らと一緒に40歳までは走りたいと思っている」

Claudio Ghisalberti/081016 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-16 17:54 | Commenti(インタビュー)
Paris-Toursの日に勝利
a0022069_13443869.jpg
あまり多くを語らず、多くの敬意を示す。l'Avenue du GrammontとParis-Toursは1つのことで、MonteveglioとGP Beghelliはまた別の話だ。2007年10月14日にAlessandro Petacchiは"スプリンターの世界選手権"を制した1年後-その2日前-には、Petacchiにとっても、自転車界にとってもたくさんのことが起こった。その半分はもういい加減にしてほしいようなことばかりで、Ale-Jetはあまり名誉でない舞台の主人公となってしまった。
しかし、そのようなことがあっても、何物も彼が自分の仕事を達成するのを妨げなかった。1996年に、当時世界チャンピオンだったCipolliniと対戦したレースで勝った。

Peatcchi、あなたのチームのLpr-Ballanはフランス(Paris-Tours)に招待されませんでした。そしてあなたは、Salbutamoloの件での出場停止後、まさにそのToursを目標に9/7にレースに復帰しました。その時のことを思い出してください。
「(出場できないという)ニュースを知った時は、もう最悪だった。練習に対してすら、徹底的なモチベーションを持つことができなかった」

今、冷静になってみると、この決定についてはどう思いますか?
「このスポーツにはたくさんの問題点がある。ほんの1週間でルールが変わるし、自転車界にとって良くない選択もある。Di LucaがLombardiaに出られないなんて…わけがわからない」

この勝利は復讐ですか?
「そうは思っていなかったよ。僕たちは全員をライバルだと思って走った。みんながスプリント勝負を避けようとしていたから。でもチームメイトはとても上手にレースをコントロールした。かなり早い時点で逃げが発生し(その中で一番活発な動きをしたのはRossiとCaccia)、Zappolinoの8つの山岳ポイントではPaoliniとViscontiが逃げた(それをチームメイトたちが潰した)。チームメイトたちの働きに報いないわけにはいかなかったよ」

あまり早くに飛び出しませんでしたよね?
「ゴール前200mの表示を見たような気がしたけど、その看板が本当に200mだったのかちょっと疑問があった。なかなかゴールに到達せず、脚は棒のように重かった。でもなんとかやってのけたよ。特にCucinottaとPietropolliの働きは目覚しかったね」

左脚に特別な赤い絆創膏を貼って走っていましたが、どうしてですか?
「膝のお皿の腱がちょっと炎症を起こしていたんだ。その処置は僕のマッサーのPaolo Chiesaが薦めたんだ。イギリスでもすでに使っていたよ」

あなたの今シーズンはこれで終わりですか?
「木曜日にはGiro del Piemonteに出る。その後、ヴァカンスに入るけど、それほど長くはないよ。Alessandro-Juniorは5ヶ月だから、あんまり長い旅行はまだできないんだ」

1ヶ月以内で5勝しましたね。この結果は予想していましたか?
「いい形での復帰になったね。今年は全部で13勝しているんだけど…(そのうち8勝は2007年のGiroでのsalbutamoloの件が原因で取り消されている)。でもここ数シーズンは、ケガもあってあんまりたくさんレースに出ていなかったんだ」

2009年にはどんなPetacchiを見ることができるでしょうか?
「最近は僕にとってちょっと問題のある雰囲気だったけど、決してあきらめなかった。知力も気力もある。来年の1月で35歳になるけど、自転車選手としては僕は自分をもっと若く感じている。まだまだ自分自身にとっても、そして自転車界にとってもやるべきことがある。これは一種の闘いだ。そして僕は闘うことが好きなんだよ」

Ciro Scognamiglio/081013 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-13 12:30 | Commenti(インタビュー)
1ヶ月で5勝目!
a0022069_1345974.jpg
10/12第12回GP Beghelli 185.8km ではPetacchiの勝利。出場停止が明けて1ヶ月で5勝となった。

1 Alessandro Petacchi (Ita) LPR Brakes 4.20.50 (42.740km/h)

レース詳細cyclingnews.com
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-13 12:15 | Albo d'Oro(優勝記録)
Petacchiの悲しみ
Daniele BennatiとAlessandro Petacchiとの直接対決はなかった。Bennaは飛び出したが、チームメイトは16人のアタックを潰すことができなかった。Petaはゴール直前でリタイアした。
「膝の具合が悪かった。膝蓋骨の筋が炎症を起こしていたんだ。家で治療するつもりだ。今シーズンはまだSabatini、Beghelli、Giro del Piemonteに出場する予定がある」

Paris-Toursに出場できないことは、彼を悲しませた。
「いつまでも不確かな状況のままでは、僕は生きていけない、つまり練習したりレースに出たりできない。何かもっと明確なプログラムを立てて、もっとすっきりとした人生を送る必要がある。でもこの状況は僕自身のせいじゃないんだ」

081005 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-05 12:57 | Commenti(インタビュー)
Lpr、Paris-Tours招待取り消し
10/3(金)の夜、LprのチームマネージャーのFabio Bordonaliは、彼のチームは秋のスプリンター祭りであるParis-Toursへの出場取り消しのニュースを受け取った。レースの主催者Asoは、Lprを招待チームから除外したのだ。
Bordonaliのコメント。
「最初に我々は招待を拒否されたが、9/15にワイルドカードとして出場が決まったから、みんな大喜びしていた。それなのにまた取り消し。本当にがっかりしている。こんな扱いってありますか?明らかに、LprとPetacchiの出場をうっとうしく思っている誰かがいるってことだ」

ことの理由は複雑で、Uciもかかわるお役所仕事にあるようで(LprはPro Tourのチームではい)、出場権利に関しては、いろいろと癒着や経済的な問題が見え隠れしている。「我々は近道(訳注:Asoへ便宜を頼むことか?)やルール違反は、これまで決してやろうとしなかった。それが今やこんなに高くついた。Petacchi?このニュースを聞いたときにどんな風に思ったかは、皆さんもよく想像がつくことでしょう」

Ciro Scognamiglio/081004 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-05 12:28 | Notizie(ニュース)
4th Memorial Cimurri / Gran Premio Bioera リタイア
Alessandro Petacchiは10/4(土)に4th Memorial Cimurri / Gran Premio Bioera に出場した。引退したBettiniがスターターとなり、BennatiとPetacchiの今年初のスプリンター対決になるかと期待されるなど、何かと話題の多いレースだったが、リザルトにPetacchiの名前はなく、他の72人とともに途中棄権した。

レース詳細cyclingnews.com
[PR]
by filippo_i09 | 2008-10-05 12:02 | Notizie(ニュース)