妻とPantaniに捧げる勝利
a0022069_14423573.jpg
「ほら、やったぞ。No.1は僕だ」
とは言わない。言うわけがない。しかし、まるでそう言っているかのようだった。腕で胸を叩き、もっとうまくできるはずなのに、という暗い表情をぱっと吹き飛ばした微笑がすべてを語っていた。
Ruta del Solはこんな彼を待ち焦がれていた。そして3日目でCordobaのゴールラインを予定通り切った。ライバルのTom Boonenとの対決となったスプリントは、皆が待ち焦がれていたのだった。
Petacchiは「もし」や「とはいえ」などという言葉なしで、5ヶ月前にMadridで世界チャンピオンジャージを手にし、1ヵ月後のMilano-SanremoでPetacchiからスプリンターの王座を奪おうと虎視眈々としているベルギーの怪物を破った。
アル・アンダルスの古都Cordobaで、スプリンターの王者はコルドバ出身の闘牛士Manuel Benitezのように容赦なかった。最終アシストのMarco Veloはゴール前300mでBoonenを捕まえんばかりの力でPetacchiを発射させた。Ale-jetは残りすべてをやった。150m地点でジェットエンジンを点火し、抗いがたい速さでBoonenを抜き去った。Boonenはゴールライン手前で漕ぐのをやめてしまうほどだった。

ありきたりのスプリントではなかった。世界チャンピオンを相手にした最初のスプリントだった。Petacchiはこの勝利の心理的な大きさを隠そうとしない。
「勝つことはいつでも大事だけれど、世界チャンピオンに勝つことはもっと価値があることだ。ある程度の緊張感があるのは当然のことだ。BoonenはQatarで何勝もしていたし、Zabelも破っていたんだからね。みんながこの直接対決を待っていたんだ。Erikは僕が彼を打ち負かすことを望んでいたし、僕もその通りにできた。
Boonenがスプリントに入ったとき、彼にぴったりついていなくてはいけないということがわかった。その後うまく回りこんで自分のスプリントができた。
彼がクラシックレースのチャンピオンであることは疑いはないが、スプリントではまだまだ僕は彼よりも上回っているものがあると思う」


ありきたりのスプリントではなかった。2人のライバルたちはたくさんの共通点を持ちつつも、性格も勝利への欲求もまったくかけ離れていた。2人は一言も交わさず、握手もしなかった。
最初の2日間は、早くから逃げが発生するというレース展開で、お互いの手の内を隠しつつ真の直接対決を待ちながら、一旦は休戦状態に入っているかのようだった。
Petacchiが”他の勝利と同じ”とさえ断言したこの勝利は、インフルエンザに苦しめられた冬、そしてDonoraticoでの”個人的な”勝利の後、一つの確信となるものだ。
まだ1年前のような素晴らしいコンディションとは言えないが、Ale-jetは調子を上げてきている。すでに2005年にも勝利をあげていたCordobaの表彰台で、黒いソンブレロをかぶって優しい思いを口にした。
「この勝利は、妻のAnna Chiaraにヴァレンタインデーのプレゼントとして捧げるよ。そして今日が命日であるMarco Pantaniのことも忘れてはいけないね」

ありきたりのスプリントではなかった。チームメイトたちとの連携がいまひとつはっきしていなかったDonoraticoの後、チーム全体の最初のテストでもあった。だからこそ、”紳士的スプリンター”は、勝利の喜びをチームメイトたちと分かち合ったのだ。
「150kmも引いて、Bernucci他16名の逃げをつぶしたDen BakkerとKneesには是非感謝したい。チームが変わったことで、Fassa Bortoloの時のような選手たちに会えるかどうか心配していたんだ。でも実際は、ここにもすばらしい選手たちがいることが証明された」

レース終了後、Den Bakkerと抱き合い、最終コーナーで不可欠なVelo, Sacchi, Cadamuro, Ongaratoとともに興奮状態だったのは言うまでもない。

対照的にBoonenは、かつてのFassaトレインTosattoにゴールの後、慰められていた。
「失敗してしまった。さまざまな要因で負けてしまった」(Boonen)

今日のRondaでBoonenが雪辱するか。このコースもゴール直前での大混戦が予想される。あるいは、明日のSevigliaでの最終ステージか。
「今度は彼が僕を破るかもね。こういう戦いは自転車界全体にとっていいことだよ」

Petacchiは締めくくった。しかし、直接対決の結果が1-1の引き分けになろうと、実はあまり関係ない。PetacchiにとってはVainsteins, Freire, Cipolliniに続いて、
「4人目の世界チャンピオンを破ったことになるんだよね」

Ale-jetは4本の指を見せながら、今度ははっきりそう言った。

Luigi Perna/060215 La Gazzetta dello Sport
[PR]
by filippo_i09 | 2006-02-15 13:48 | Commenti(インタビュー)
<< 今季3勝目! 今季2勝目! >>